忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi2.otaden.jp/

みなさん、こんにちわ竹内義和です。  僕のまわりで起こった様々な出来事を、毎日日記に書いています。是非ご覧下さい。  『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。

WRITE | ADMIN

ブログ移転のお知らせ
近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

どきどきブログバナー

カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリー
最新CM
[06/26 ゴルゴ34]
[06/26 しんじ]
[06/22 森沢公久]
[06/21 サイケデリッカー]
[06/21 なかお]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



土曜日に、東京で真夏竜に会った。そう、「ウルトラマンレオ」の主役だ。おおとりゲンだ。僕の知り合いの女優藍とも子が、レオに出ていた事があって、その繋がりで紹介してもらったのである。もうかなりの年齢と思うのだが、かっこいいし、常に前を向いている人だった。今は、民話を朗読劇にして各地で上演したり、トークショーをしたり、テレビのロケに出たりしているとの事だった。今後、僕といろいろコラボも考えて行こうと約束して再会を誓った。来年、いい仕事が出来たらと思う。さて、本日はMー1。誰が栄冠に輝くのか?楽しみだ。
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:レオは面白かった
ウルトラマンメビウスにもゲスト出演されてましたが、全く違和感なく、凄く格好良かったですね。 レオの最終回でピンチのレオに子供が「おおとりさん 頑張れ~」と叫んだ場面 おおとりさん って.... 子供心にツッコミました。
しりかげ 2007/12/23(Sun)19:02:53 #edit

 Title:こんばんは
竹内先生、こんばんは~
レオですか~
懐かしいです。
ウルトラシリーズ、終わる度々に、次は、誰が、なるのか、どのように変身するのか いつも、ワクワク楽しみにしていました。

名作ばかりで 、今41歳に なっても、まだまだ
夢中です
家族に 真剣に 今度の、主役は、誰で、隊長は、誰で真剣に、話してたのが、昨日のようです

昨日 夜中 キューティーハニーーをはじめて見ましたとてもエロかったですよ~ 悪役に、胸もまれてました(笑)
フラッシュする時に
ハダカには ならなかったのは 残念だけど、見るかちは、有りかも…

今、懐かしいアニメが
実写になってますよね

きましたね、ついに 我々の時代が~
ヤッターマン楽しみです
希望としては、
メルモちゃんも実写になってほしいなあ~
銀河鉄道999とか
ヤマト などは お金かかりそうかなあ~
竹内先生 これからも頑張ってくださいね

今晩のサイキックも楽しみにしてます
森沢公久 2007/12/23(Sun)19:24:08 #edit

 Title:無題
ウルトラマンマックスで何故かお巡りさん役で出てました。
 おおとりげんのイメージと180度逆の
ノリだったんで見ていて面白かったです。
NONAME 2007/12/24(Mon)13:34:54 #edit

 Title:懐かしい。。
僕もタロウ、レオくらいまではテレビでよく見ていました。真夏竜さん、子供心に印象的でした。あの頃の特撮ヒーローは、今のイケメン系と違って、男っぽかったですね。(汗のにおいがしました^^)
竹内さん人脈、愉しいです。
M-1も有馬記念も大穴でした。びっくりです。
城 拓也 URL 2007/12/24(Mon)15:19:51 #edit

 Title:そういえば
 日曜朝のニュースの経済コーナーで
円谷プロを合併吸収した会社の社長がでてました。
 会見の言動からかなり特撮マニアの顰蹙を買ってあせった旨を話してました。
コーギー君 URL 2007/12/25(Tue)18:41:55 #edit

 Title:れお
レオと言えば、僕の大好きな映画の太陽を盗んだ男の沢田研二の家のテレビに移ってたレオの1シーンを思い出す。でも個人的にはゾフィとアストラが好きだ。
やみデ 2007/12/27(Thu)00:17:29 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: