忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi2.otaden.jp/

みなさん、こんにちわ竹内義和です。  僕のまわりで起こった様々な出来事を、毎日日記に書いています。是非ご覧下さい。  『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。

WRITE | ADMIN

ブログ移転のお知らせ
近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

どきどきブログバナー

カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
最新CM
[06/26 ゴルゴ34]
[06/26 しんじ]
[06/22 森沢公久]
[06/21 サイケデリッカー]
[06/21 なかお]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



注目の映画「クローバーフィールド」。ノベライズが、竹書房から出たので、早速購入した。映画を見る前に、読了。マジ、感動した。主観映像オンリーで構成され、肝心の怪獣がよく見えない、結末が中途半端という意見を聞いていたが、なんの、これは怪獣映画の傑作である。僕が見たかった怪獣映画は、怪獣に襲われる時の恐怖感の抽出にあった。そして、映画としてのクオリティを問いたかった。この二つが、「クローバー」にはある。特に、そのラストの、悲劇の中にある感動は、純粋に僕の心を撃った。是非、ご覧ください。
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:ついさっき見てきました
竹内先生こんばんわ。
クローバーフィールド観てきました!一切の情報をシャットアウトしてみたのでかなり面白かったです。少し遊園地アトラクションの巻き込まれ型イベントっぽいですがそれでも画面のクオリティとか出てくる怪物の気味悪さ・恐怖・巨大さ・・これ以上どうやって怪獣映画を作ればいいんですかね〜竹内アニキにおまかせします!
サチウス日本橋 URL 2008/04/07(Mon)23:04:59 #edit

 Title:こんばんは
主観オンリーというのは斬新というか、底予算でこれだけ、ドキドキさせられる映画が作れるなんて、
すごいです
絶対に見にいきます
森沢公久 2008/04/07(Mon)23:12:23 #edit

 Title:怪獣映画の真髄
日本で怪獣映画というと「ぎゃおっとなくからギャオスだよ」的な子供だましの映画しかイメージがありませんでしたが、竹内さんの文章を読んで俄然興味が沸きました。つまりたとえ怪獣という架空の生き物に対しても、恐怖感という大人でも楽しめるリアリティが必要ということですね
しんじ 2008/04/08(Tue)01:54:44 #edit

 Title:無題
クローバーフィールド KISHIN

第1話
http://picasaweb.google.com/dennisacevedo/CloverfieldKishinMangaPart1

第2話
http://picasaweb.google.com/dennisacevedo/CloverfieldKishinMangaPart2

第3話
http://picasaweb.google.com/dennisacevedo/CloverfieldKishinMangaPart3


クローバーフィールドの漫画版のURLです。
スライドショーボタンを押して読めます。
qwerty 2008/04/26(Sat)10:42:51 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
クローバーフィールド(ネタばれなし)
クローバーフィールド公式サイト 以前書いた”バンテージポイント”が8人の視点で見...
[_lilacstone] URL 2008/04/17(Thu)11:16:30