忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi2.otaden.jp/

みなさん、こんにちわ竹内義和です。  僕のまわりで起こった様々な出来事を、毎日日記に書いています。是非ご覧下さい。  『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。

WRITE | ADMIN

ブログ移転のお知らせ
近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

どきどきブログバナー

カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリー
最新CM
[06/26 ゴルゴ34]
[06/26 しんじ]
[06/22 森沢公久]
[06/21 サイケデリッカー]
[06/21 なかお]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この前、ラジオの収録に、シンデレラエクスプレスがゲストで入った。録音後、スタッフ共々食事に。そのあと、シンプレの松井君と二人で、ミナミのスナックへ。そこで、焼酎の水割りをいただき、三ッ寺のポポさんのところへ、足を伸ばす。あれやこれや、話し込んでると、いつの間にか、深夜の3時過ぎに。ポポさんのとこを出て、さあ帰ろうと思ったのだが、目の前に、カスうどんの店が。軽くうどんでもと、暖簾をくぐり、松井君が、焼き肉を注文する。軽くが、重くなってしまい、店を出ると、空がしらみ始めていた。何年ぶりかの朝帰りだ。
PR


先日、鶴橋の「雀のおやど」という落語の定席に行った。桂雀太の「じゃくったれ」だ。近頃の落語ブームもあり、昔からのファンもありで、満席の状態だった。生で雀太の落語を見るのは二回目だが、ほんとうまい。で、前よりも成長している。なんか、彼の話しには、世界観があり、さながら「雀太ワールド」といった趣きなのだ。今回は、二席の披露で、中でも「崇徳院」は絶品。大笑いさせられながらも、ついホロリとさせられた。これからの、桂雀太に期待していただきたい。


この前、ケンコバのたまらん店を読んで、谷町あたりをフラフラしていた。紹介されていた店を探していたのである。すると、前から、サラリーマンが二人歩いて来る。一人は、濃紺のスーツ。もう一人は、グレーのスーツ。若いサラリーマンと中年である。なんの事はない風景だが、びっくりしたのは、その二人が、仲むつまじく、指を絡め、手を握り合っていたのだった!もちろん、両者、頬を赤らめていた。長堀の方に足を伸ばすと、小料理屋の玄関先に、白髪のお婆さんが立っていて、なんと髪すきカッターで髪を刈っていた。春、です。


この前の土曜。午前中、朝日放送で、ラジオ番組の収録。そのあと、一旦仕事場に戻り、書きかけの小説に取り組む。夕方に、YCの事務所に入り、ネット関係の業務の打ち合わせをした後に、土岐さんとミナミへ。二日酔い状態の土岐さんだったが、千房でお好み焼き。その勢いで、近くにある、いつものバーへ。ソーダ割りを数杯いただく。そのあと、ポポさんの店にと思ったが、疲れていたので二人してタクシーに。そこで、携帯が無いことに気付く。千房に、だ。タクシー、土岐さんが降りたあと、一人、千房に戻ってもらう。


昨日、今日と、ずっと小説を書いている。去年の夏くらいに書き始め、途中、一時中断しながら、今で、400字詰めで、300枚くらい書き上げた。多分、500枚くらいで完成すると思う。ガチョウのピンちゃんという着ぐるみキャラクターに入ってる人間を主人公にした、笑って、ドキドキして、少し泣ける、そんな小説である。これが、完成したら、ホームページで中断したままの、「メロウイエロー」か、「響子」を完成させたいと思っている。あと、「コピー野郎」というホラーも、30枚くらい書いているので、これもと考えている。