忍者ブログ

当ブログは移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。

ジャンプしない場合はこちら http://takeuchi2.otaden.jp/

みなさん、こんにちわ竹内義和です。  僕のまわりで起こった様々な出来事を、毎日日記に書いています。是非ご覧下さい。  『竹内義和公式サイト~猫の靴下~』もよろしくお願いします。

WRITE | ADMIN

ブログ移転のお知らせ
近日、 オタクの電脳blogに全面移行します!

どきどきブログバナー

カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最新CM
[06/26 ゴルゴ34]
[06/26 しんじ]
[06/22 森沢公久]
[06/21 サイケデリッカー]
[06/21 なかお]
プロフィール
HN:
Yoshikazu Takeuchi
性別:
男性
ブログ内検索
バーコード


忍者ブログ [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



この前の「未確認」での心霊。松竹の若手が映したあの映像は、やっぱり怖かった。会う人、会う人に、「あれ、怖かったね」といわれた。あまりに怖くて、視聴率が下がったらしい。先日の収録は、ゲストに大槻ケンジと山口敏太郎を招いて、予知と妖怪だった。収録後、土岐さんと会食。串カツ屋さんから、スペイン料理店をはしご。昨日は、久々に、田中正吾さんに会う。健康の常識がいかに危険かをレクチャーしてもらった。それと、究極の心霊スポットを発見したらしく、近々探検隊を組織するらしい。メンバーに入れないでくださいね。
PR


※ Comment
HN
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS

 Title:がーん
いつもHDデッキで録画しているのに、この回だけ何故か例の右肩女の寸前で録画が止まっていましたよ、13分位で終わってんです(T-T)
どっかでバックナンバー見れませんかねー?(>_<)
ただひろいど@ 2008/02/22(Fri)20:29:31 #edit

 Title:先生のいつものコメントが面白かったです
竹内先生、こんばんは。

 先生の「僕は怖がりですから霊が寄ってきません」のコメント、やっぱり出ましたね。かわいらしかったです。

 大丈夫ですよ。
おかちん 2008/02/22(Fri)23:14:21 #edit

 Title:無題
残像のような気が…撮影ビデオも高いのを使ってないような。

究極の心霊スポットは是非、行かないといけませんよ。映像はいくらあってもいいんじゃないでしょうか。やはりネタは足で稼がないと。
NONAME 2008/02/23(Sat)02:42:38 #edit

 Title:無題
確かに怖いな

でも俺は人間の方がよっぽど怖いよ竹内さん!

竹内さんもそう思うだろ?


イラクの人間が全員怖いんだ!

北朝鮮のあの人が怖すぎる!


幽霊より朝鮮&イラクが怖い~~
毒ちゃん URL 2008/02/24(Sun)01:48:11 #edit

 Title:はじめまして。
洒落にならない映像を見た後での体験談です。
放送を見て1週間後の事。外出先から帰宅した私は、箪笥の中から奇妙なノイズ音を聞く。何だと思い、箪笥を開けるとなにもない。あれっ!?おかしなと思いよーく聞いてみるとどうやら箱の中から、箱を取り出し開けてみるとダイヤル式のポケットラジヲの音でした。でもおかしいなーラジヲの電源はダイヤルを”かちッと”音がするまで回さなければ電源は入らないはずなのに??でもまあいいかと思い暫くするとサイキックの放送日だと思い出し楽しみにラジヲつけ聞いていると例の廃墟の話、その瞬間体がぞくぞくして私の勘違いかもしれないが、女性の話し声がラジヲから聞こえてきて怖くなるも、気のせい気のせいと思い込むも、部屋中に人の気配が(汗)いやいやこれも気のせい気のせいと思い1時間バージョンなので、放送が風みたいに通り過ぎるようにして終了したのが深夜2時、その直後何故か早朝8時にセットされてある目覚まし時計が鳴る(冷や汗)竹内さん、出来過ぎだと思うでしょうが、これまじです。来たんでしょうか、いや、いるんでしょうか(恐怖)


ps、  どうしょー(涙)
プリン食べたい 2008/02/25(Mon)15:52:54 #edit

 Title:無題
松竹の若手がせっかく撮ったんですから、名前ぐらいちゃんと憶えてあげましょうよ。
NONAME 2008/02/28(Thu)14:26:22 #edit


※ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: